酵素でヤセると、アレルギーなどの慢性疾患にも効果が

この本を手にしてくださっている読者の皆さんの中には、アトピー性皮膚炎やぜんそくなどのアレルギー症状に悩んでいる方もいるかと思います。 実はアレルギーを起こす最大の原因は、「酵素不足」です。 酵素をたっぷり摂り、食物の消化・吸収がしっかりできるような食生活を実践していくと、アレルギー症状は劇的に良くなります。


アトピーやぜんそくといったアレルギー症状の多くは、腸内環境の乱れから、小腸が炎症を起こしていることに端を発します。 小腸の腸壁が炎症を起こすと、普通吸収できないような比較的大きな分子(特にタンパク質がアミノ酸まで分解されないタンパクのかけら)が吸収されるようになってしまいます。 この状態を「リーキーガット症候群」といいます。リーキー」とは「漏れる」、「ガット」とはテニスラケットのように「縦横に穴の開いた面」のことです。 腸壁を超拡大すると、テニスラケットの面のように見えます。 炎症を起こしたことによってこの穴が広がってしまい、1つの穴から普段は1つの分子(タンパク質ならアミノ酸)しか入らないのに、いくつもつながった分子が入ってしまう症状を「リーキーガット症候群(腸管透過性亢進)」と呼びます。 「私たちの血液中に通常存在しない物質(異物)が入り込むと、これらから体を守ろうとアレルギー反応が起こり、皮膚炎やぜんそくなどを起こしてしまうというわけです。


またこうした異物が血液中にばら撒かれると、脳梗塞や心筋梗塞などの血管の詰まりが原因で起こる病気を引き起こすことがあります。 「リーキーガット症候群」を改善するには、腸内環境を整え、小腸の慢性炎症を治していくことがポイントになります。 そのためには、先ほど述べたように腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを良くすることが欠かせません。 酵素の多い生野菜や果物、発酵食品などをよく食べ、ときどき定期的に酵素断食をして消化器官を休ませることで、腸壁にできた広がった穴は正常に戻っていきます。


小腸の炎症を引き起こす原因には、白砂糖(ショ糖)やタンパク質の過剰摂取、化学薬剤の飲み過ぎ、喫煙の習慣などがあります。 酵素たっぷりの食生活を送ると同時に、甘いものを控える、肉類を食べ過ぎない、禁煙する、薬との付き合い方を見直すなど、体に悪影響を及ぼすものをなるべく控えることも大事です。


多くの医師は、アレルギー性疾患には副腎皮質ステロイドホルモン剤をよく使用します。 なぜ使うかというと、抗炎症作用が強いからです。しかし、私は使いません。 ステロイドホルモンは長期の服用を続けていると、次のような多くの副作用が出てきます。 ムーンフエイス(満月様顔貌)、胃潰瘍、脂質異常症、脂肪肝、骨粗しょう症、白内障、腹部にとに脂肪がつく内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)、免疫力低下、感染症など実に様々です。 しかし、最もおそろしいのは、突然死を引き起こすことがあるということです。 喘息などでこのステロイドホルモンを長年使用した場合、喘息ではなくステロイドによって死ぬことがままあると考えられます。 このように副腎皮質ホルモン剤には多くの副作用があるため、常用したくない薬のトップといえそうです。


私たちはこうした薬に頼るのではなく、まずは病気を引き起こす原因である、悪しき食生活を改善することが何よりも大切です。 酵素断食で腸を休ませたり、酵素たっぷりの食生活に変えたりするなどが、根源的な治療であり、副作用を生じさせない健康獲得法となります。 私のクリニックでは、毎日の食事から酵素をしっかり摂り、酵素サプリメントを服用し、定期的に酵素断食してデトックスすることで、長年苦しんできたアレルギー性疾患から解放された患者さんがたくさんいます。 詳しくは第4章で説明しますが、酵素断食は酵素不足で弱った体をリフレッシュさせるのに最高の手段です。 アレルギー性疾患に悩み、治らないかもとあきらめかけているあなたも、酵素ダイエットを実践してみましょう。必ずよい変化が体に起きてくると、私は確信しています。

酵素で美肌になったあとは

酵素の代謝力で美肌になった後に大事なのは、保湿。今最も保湿できると話題の美容法が、卵殻膜コスメ。卵殻膜を使ったコスメを使えば、乾燥することはありません。お肌トラブルにはつきまとうお肌の乾燥。それを防ぐには卵殻膜を使ったチェルラーブリリオです。うるうるとした素肌美人になれますよ。